<< 今年もよろしくお願いします | main |

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

厚労省:臨床副作用に補償義務 5年ぶり倫理指針改定 - 毎日jp(毎日新聞)

日本では新薬の認可がなかなかおりない、いわゆる「ドラッグラグ」というものがありますが、こういった臨床試験に関しても、もっとオープンになる必要があると思いますので、いい流れではないかと思います。

成人スティル病に関しても、プレドニン以外の効果的な新薬を期待します。


厚労省:臨床副作用に補償義務 5年ぶり倫理指針改定 - 毎日jp(毎日新聞)
posted by: すてぃら | 注目した記事 | 10:26 | comments(2) | - |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 10:26 | - | - |
コメント
 
今、アクテムラという効果的な薬がでましたよ!

他にも、人によっては抑制剤や、生物学的製剤(レミケードやエンブレルなど)ステロイド以外の効果的な薬が今は出ています。

しかし、使用できる病院が限られていたり、薬が高額な事に難点があるようですが。
2008/09/20 11:49 PM
Posted by: すてぃら(管理人)
>でんでん虫さん

初めまして、コメントありがとうございます。

アクテムラですか、情報ありがとうございます。

そうですね、免疫抑制剤などをステロイドと併用されている方は伺っております。
どれも組み合わせや投薬量などに個人差が出るようですね、確かにどの病院でも処方できるものではなさそうです。


アクテムラ…キャッスルマン病の治療薬から、関節リウマチの適用が拡大された新しい薬のようですね。


http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/series/drug/update/200805/506457.html