すてぃら

居住地:東京都○○区
性別:男性
年齢:40代
家族:妻1人、子1人
職業:会社員

2005年11月に成人スティル病発症、現在に至る。
スティル病歴はここからと思いきや、過去の病気を探っていくともしかすると「再燃」なのかもしれないと思い、ネット上で情報収集を始める。(担当医は断定できないとのこと)

※過去の病気※
子供の頃、アレルギー性亜敗血症(ウィスラー・ファンコニ症候群)と診断された経緯があり、スティル病と同じタイプの病気として紹介されているため。

発症からスティル病と認定されるまでや、手元にあったメモなどを元に記録していくこと、自分で見つけた情報サイトをまとめて発信すること、同じく難病とされながらも情報に乏しいスティル病を患っている人のブログを探し情報を得ること、今後の経過などを発信することなどのために、こちらにブログを立ち上げた。


入院歴
2005年11月30日〜12月27日 地域病院 内科
「感染症の疑い」

2006年12月27日〜2006年1月24日 都立病院 感染症科
「不明熱」

2006年2月8日〜2月21日 都立病院 膠原病科
「成人スティル病」

現在、同病院にて12週間に1度の血液、尿検査および経過観察中。
非ステロイド経口薬を徐々に減量し、1年弱で投薬終了、寛解、現在投薬なしでも症状は安定している。

発症から5年後の2011年現在、CRP、フェリチンなど全ての血液、尿検査項目で安定。指圧師である妻の毎週末の身体のメンテナンス、食事、睡眠、ストレスなどを考慮した生活スタイルが、寛解の維持継続の重要事項と考えている。